舞えないパンダはただのパンダ

† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† †

バッフロン
 はい。どうも、全くブログ更新をしない、かめです。

 さて。早速ですが。第三回は「バッフロン」でした。
 って、バッフロンの動画投稿したのいつだっけ?
 えーっと……5月28日!?
 ……さっさと本編に追い付こう。うん。
 
 気を取り直して。
 この子は、
「パワフルロケットずつき型」
 ああ、なんかまともっぽい型名ですね。
 それはさておきパーソナルデータを。

・固体値
H-31 A31 B-24 C-1 D-24 S31

・努力値
H196 A252 S60

・生まれた場所
3番道路

 こんな感じです。粘る人はもっと粘るでしょうが、こんなもんだよ、うん。
 努力値はHAをベースに、6振りバンギラスを抜けるようSを調整しています。
 まあ、あまり意味のない調整かもしれませんが、とりあえず参考程度に。

 さて、それでは基本戦術の方に移っていきましょう。
 
・ロケットずつきをする。おわり。

 すみません。誤るので石を投げないでください。
 まあ、でも特別やることと言ったらそれくらいなんですよねぇ。とりあえずロケットずつきをして、あとは臨機応変に、って感じですね。はい。基本戦術()笑 です。
 あ、忘れていましたが、技構成が画像では、

・ロケットずつき
・ストーンエッジ
・じしん
・つるぎのまい

 と、なっているのですが、現在は、ストーンエッジが恩返しに。
 そして、剣の舞が挑発になっています。
 攻撃範囲は狭くなるけど、こっちの方が使いやすかったり。
 専用技のアフロブレイクではなく恩返しを選んだ理由は、「せっかく頭突きで防御上げるんだし、体力削ったらもったいないよね!」という安直な考えから来ています。
 挑発は、ブルンゲルなど耐久型に対して撃てるので、意外と重宝しています。
 
 まあ、ぶっちゃけてしまうと、普通のバッフロンと大差ない!

 この子のコンセプトが「全ポケモン中最強のロケットずつき」なので、パワフルロケットずつきが撃てれば、他のバッフロンとかぶっていたって、かまうこたーないんです。

 ちなみに、ノーマル統一としてのバッフロンは、鈍足高耐久物理アタッカー、そして、キノコの胞子を防ぐことのできる数少ないポケモンでもあります。
 なので、パーティーに物理アタッカーがいなかったり、キノガッサやエルフーンに嫌気がさしたりすると、パーティーによく投入されます。草もしゃ強いね。

 さて、それではバッフロンの考察を終わります。
 それにしても更新頻度の低いブログである。
 4か月以上も前に育成したポケモンの考察とか、ほんと何考えてるんでしょうね?
 まあ、それはさておき。
 第四回は「オドシシ」です。さっさと動画に追い付きたいですね。
 それではこれにて。

 ↓参考になりそうならクリック!
  •  2011/09/29 ポケモン考察  Comment (2) Trackback (0)

  •  

    kame

    Author:kame
    ※このブログでは
    HP=H
    攻撃=A
    防御=B
    特攻=C
    特防=D
    素早さ=S 
    固体値31をV、30をUと表すことがあります。ご了承ください。

    あなたは

    人目の来訪者です

    この人とブロともになる

    QR