舞えないパンダはただのパンダ

† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† †

P1010022_convert_20120414115829.jpg

 と、いう訳で。どうも、かめ@です。
 久しぶりのポケモン紹介……ふぅ……。

 まあ、こんな自分に呆れつつ、この子の考察に行ってみましょうか!
 とまあそんなわけで、この子は
「ヨプカウンター型」
 はい来ましたよ! そのまんまなネーミングセンス!
 
 ……相変わらずどうしようもないね。

 まあ、パーソナルデータをば。

 ・固体値
H-31 A-27 B-23 C-25~26 D-24 S-31

・努力値
H252 A188 B52 D16

・生まれた場所
ジョウトらしい

・NNの由来
格ゲーの『鉄拳』のロジャーより。カンガルー……有袋類つながりかな?

 とまあこんな感じですねー。
 個体値は、まあ全体的に高かったので採用しました。こだわる人はもっと粘ると思いますが、私の場合はよく妥協しますね。努力値の方は、陽気ガブの逆鱗を確定で一発耐えるまで耐久に振りました。
 130族の一致インファイトまでなら耐えられる計算ですねー。

 さて、それでは基本戦術の方へ行きましょう。

・微妙にある火力で殴る
・微妙に読まれないふいうちで殴る
・きもったま
・切り札のカウンター→物理や格闘を潰す

 こんな感じですね。と言うか、これは基本戦術と言うよりも、ノーマルパでの役割のような気も……まあいいや。
 まあ要するに、

『通りやすい攻撃で殴りながら、物理型相手にはカウンターを狙っていく』

 と、言うことです。

 主に、格闘タイプや物理相手にカウンターを決めて粉砕したり、なぜか読まれない不意打ちを狙っていったり、と言うのがこの子のお仕事ですね。あとは、物理受け以外にとりあえずぶつける、と言ったこともできますね。耐久がかなりあるうえに、読まれにくいふいうちもあるので、私のパーティでは大活躍しています。

 以前紹介したザングースとは、『カウンターで格闘タイプへの対策をする』といった共通点がありますが、使いやすさではこちらの方が上ですね。あちらとは違い、この子は恩返しを持っているため火力が高く、また、天候ダメなどを受けてもカウンターが出来ますからね。
 ただ、ザングースと違い、こちらはローブシンやズルズキンなどの積みアタッカーに対してはカウンターが出来ないので、一長一短、と言った所ですが。

 今回はこんな感じですかね。
 さて、久しぶりの考察でしたが、いかがでしたでしょうか? もう皆さん忘れているかもしれませんね。
 まあとりあえずは、今までサボっていた動画で紹介してきた子たちの考察を全て記事にしようと思っています。
 これが終わるまで、私は新しい活動を一切しません!
 ……はい。さっさと終わらせます。

 さて、それではガルーラの考察を終わります。
 第七回は「ポワルン」です。
 それでは。

  •  2012/04/17 ポケモン考察  Comment (0) Trackback (0)

  •  

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kameccc.blog.fc2.com/tb.php/43-55706a47

    kame

    Author:kame
    ※このブログでは
    HP=H
    攻撃=A
    防御=B
    特攻=C
    特防=D
    素早さ=S 
    固体値31をV、30をUと表すことがあります。ご了承ください。

    あなたは

    人目の来訪者です

    この人とブロともになる

    QR