舞えないパンダはただのパンダ

† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† †

なんやかんやのお話です。

と、いうわけで。
そんなに深い話ではないけれど、私が組む構築ではこういった選出をせざるを得ないケースが度々発生する事があったのでちょいと考察をば。

と、その前に『メガ枠同時選出』っていう単語について。
言いたいことは分かってもらえてるとは思うけど、勝手に言ってるだけの造語感が溢れてるから一応。
この単語は
『メガストーンを持ったポケモンを同時に選出して手持ちに加える事』
といった行動を指すものとしてこの記事では扱います。

で。
この『メガ枠同時選出』には、だれもが知っている大きな問題点が一つあって。
それは『1回の試合で2匹以上メガシンカすることはできない』という仕様。

選出のうち1匹は実質持ち物なしで戦うことになる為、メガ枠同時選出は避けるべき選出、
もしくは間違いなく強くはない選出であるということが分かると思います。
これについては、ポケモン対戦を行う人間ならば必ず理解して意識しているはず。

しかし。
だがしかーし。

困ったことに、私が組む構築はメガ枠同時選出をせざるを得ない場面が意外とあったりするのです。

一応、メガ枠同時選出をしても致命的にはならないような構築の組み方をしているつもりなので、大きな問題はないのですが、選出が歪むのはあまり気分がいい物ではありませんよね。

と、いうわけで。

メガ枠同時選出について考えてみよう!

と、今回はそんなコンセプトで始めて行きたいと思います。

・メガ枠同時選出のメリット
これに関しては相手の選出に合わせてメガシンカを選ぶことができるという点と、選出の幅が広がるといった点をあげることができます。
相手の選出に合わせてメガシンカを変更するのは非常に(構築、立ち回り共に)難易度が高いので、選出の幅を広げる為に
メガ枠同時選出を実行することが多いのではないでしょうか。
また、相手の思考が影響してくるため上には挙げていませんが、こちらのポケモンの持ち物確定が困難になるといったメリットもあります。


・メガ枠同時選出のデメリット
これに関しては先程も挙げましたが同時選出した片方のメガ枠が実質持ち物なしになってしまうといった点ですね。
メリットに比べると項目が少ないですが、持ち物がないということは、実用的にも精神的にも上記のメリットと比べ物にならないほど大きなデメリットでもあります。


・メガ枠同時選出をする場面
当然ではありますが、先程挙げたメリットがデメリットを上回る場合に実行することがあります。
基本的には、選出するメガ枠のポケモンのどちらかを通せば3タテして勝てる場合、または、相手の特定のポケモン2匹を見れる自分のポケモンがそれぞれメガシンカ枠の1匹ずつしかいない場合のどちらかになるでしょう。
どちらのパターンにおいても、構築単位でそういった選出をするケースを予め考えて構築を組む必要がある為、余程の事がない限り思いつきでメガ枠同時選出をすると痛い目を見る事がほとんどなのではないでしょうか。
また、突発的にメガ枠同時選出をするパターンは、後者のように相手の構築にメガ枠同時選出を強いられているケースがほとんどだと思われます。このことから、メガ枠同時選出はあまり前向きではない受け身な戦術ということになるでしょう。


・同時選出を強いられやすい構築
先程、構築単位でメガ枠同時選出を考えて構築を組まないとメガ枠同時選出をした時には痛い目を見る、と言いました。
が。
そうは言っても。そういう処理ルートを作る為に構築を組む初期の段階から同時選出を考えている人はあまりいないのではないでしょうか。メガ枠同時選出による立ち回りが存在するとしても、ベストなのは同時選出をしない構築を組むことですからね。
個人的な見解ですが、メガ枠を構築の補間として採用する構築を組んだ場合に同時選出を強いられてしまうケースが多くなってしまうのではないでしょうか。例えメガ枠どうしで補間を組んでいない場合でも、です。
理由としては、補間として入ってきている為補間で採用したメガ枠以外で処理を行うのが困難なポケモンが存在している可能性が高いという点からです。
メガ枠エース2枚の構築は、基本的に同時選出はしないといった強い意志を前提にして構築が組まれるはずなので、同時選出をすることはあまりないのではないでしょうか。


無限氷結雨を例とした場合
このブログ内の構築を例として考えてみましょう。2メガ選出が存在している為、構築としては悪い例の部類に入るというのは目をつぶってください。

無限氷結雨は以下の並びです。
ニョロトノオムスターメガユキノオーマンムーマリルリメガゲンガー

この並びの特徴としては、雨展開を軸(笑)としつつ雨に対して強力な遂行手段を持った生き物たちに対して強いポケモンで周りを固めたような構築となっています。ノオーマンムーがスカーフ地面や電気に強かったり、マリルリが炎に強かったり(?)、ゲンガーがフシギバナを初めとした草タイプに強いといった感じですね。
特定のメガシンカポケモンをエースとしているわけではないので、必然的に補間で構築を組むような形となっています。
で、まあこれについてよーく見てみると、メガ枠同時選出をせざるを得ない並びが見えてくるわけです。
それは、ノオーでしか勝てない水タイプ+ゲンガーでしか勝てない草タイプの並びですね。

よくあるのはこういった並び。
水ロトムメガフシギバナ

水ロトムはユキノオーでしか基本的に相手が出来ず(選出しなくても倒せるは倒せるが構築が半壊する)、メガフシギバナに関してはギガドレギガドレヘドバクゥでゲンガーがいない限り3タテコースとなります。
そこで、このケースの場合はユキノオーとゲンガーを同時選出し、役割遂行能力が格段に上昇するゲンガーをメガシンカさせるといった立ち回りとなるでしょう。

このように、補間としてメガ枠に役割を持たせた構築を組んでしまった場合、メガ枠同時選出を強要される並びが出てくる可能性が高くなるのではないかと考えられます。


・構築を組む際に気を付けること
ここまでの考察を踏まえると、メガ枠を2枚採用する場合はメガ進化必須のポケモンを2匹いれる場合はメガ枠を補完として採用しない
補間として採用するならばメガシンカしなくても役割対象を倒せるポケモンを採用するメガ進化必須ポケモンを構築に投入するならば1匹にとどめた方がいい、といったことに気を付ければいいのではないかと思います。

これらを無視して、メガ進化必須のエース+メガ進化必須のポケモンを補完として加えた構築を組んだとします。

例えば、メガボーマンダ+メガフシギバナが入った構築で、相手のフシギバナを倒せるポケモンがマンダだけ相手のサンダーを倒せるポケモンがフシギバナだけ、みたいな構築を組んでしまった場合、マンダとバナを同時選出しなければいけない上に、どちらがメガシンカしてもどちらかに詰まされてしまうといった状況が発生しかねません。
あくまで例えばの話ですけどね。


『総括』
・メガ枠同時選出は選出の幅が広がるといったメリットがあるが持ち物が使えないという大きなデメリットもある
・同時選出はどちらかというと受け身的な戦術である
・同時選出を成立させるには構築単位で考察する必要がある
・メガ枠を補完として使うと同時選出せざるを得ないケースが(多分)増える
・メガシンカしないと仕事しないメガ枠は構築に1匹までにしておくのが無難
・雨(笑)


よーく考えるとそりゃそうだって感じの内容ではあるけど今回はこんな感じ。
まー構築考える時は気を付けましょーねーってことで。

今回はこれにて。























† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† † つるぎのまいWWWWWWチュインチュインWWWWWWWWWWW
† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† † つるぎのまいWWWWWWチュインチュインWWWWWWWWWWW
† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† † つるぎのまいWWWWWWチュインチュインWWWWWWWWWWW
† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† † つるぎのまいWWWWWWチュインチュインWWWWWWWWWWW

  •  2015/06/13 思考の片隅  Comment (0) Trackback (0)

  •  

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kameccc.blog.fc2.com/tb.php/86-95c2e5e7

    kame

    Author:kame
    ※このブログでは
    HP=H
    攻撃=A
    防御=B
    特攻=C
    特防=D
    素早さ=S 
    固体値31をV、30をUと表すことがあります。ご了承ください。

    あなたは

    人目の来訪者です

    この人とブロともになる

    QR