舞えないパンダはただのパンダ

† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† †

メモ書きの書き写し(一部加筆修正)

(メガ)ユキノオーは何故強いのか(強く感じるのか)

種族値

(左から順番にH-A-B-C-D-S)

通常:90-92-75-92-85-60
メガ:90-132-105-132-105-30


メガシンカでA40↑・B30↑・C40↑・D20↑・S30↓。
A・C片方しか使わないとしても、能力的には実質90↑。

無駄がほぼない!!

特性
防音:ハイボ、滅び等無効
雪降らし:非メガシンカ時に霰ダメ、吹雪必中、砂への後出し時に砂ダメ無効

タイプ:草・氷
受け
4倍:炎
2倍:格闘 毒 飛行 虫 岩 鋼
半減:水 電気 草 地面


攻め(氷と草の範囲)
2倍:飛行 地面 岩 水 草 龍
半減:炎 鋼


吹雪が等倍以上で通る相手には強い。
実質炎・鋼(・氷・水)以外への性能がある→後出しを許さない
地味に粉技無効+氷結無効。

草氷どちらも半減されるのが鋼と炎のみ。
さらに、鋼炎を後出しされたとしても、宿り木による削りが可能なためメインウェポンの吹雪と合わせて非常に一貫性を取りやすい

また、水タイプのサブウェポンとして採用されることが多い『氷』が等倍であること、特殊がメインであることから熱湯火傷が怖くないため、水タイプへの役割を容易に達成可能かつ機能停止に陥りにくい。

先に述べた一貫性の強さと合わせると、水に繰り出してより小さな被害で相手に大きな負荷をかけることができる生き物である


吹雪:氷技 威力110 霰下必中(70) 10%凍りの追加効果
高火力のメイン。1割で実質即死の追加効果付き。炎・鋼・水・氷に半減だが、水と氷には有利な事が多い。技の威力もあり、等倍以上で通れば火力は十分。

ギガドレイン:草技 威力75 命中100 与ダメの50%回復
水へのウェポン。余裕がある時に撃つことで自身の行動回数を増やすことができる。ただ、一貫はとりにくい。

やどりぎのタネ:変化技 命中90 命中した相手が場から離れるまでターン終了時に1/8ダメージ+与ダメの100%回復 草タイプには無効
吹雪と同等の一貫性を持つ技。通らないのは草タイプのみだが、草には吹雪が抜群で入る。後続のサポートにもなり、後述の『守る』と合わせる事で、ダメージを稼ぎつつ自身の行動回数を増やす。
強力ではあるが、実質第2のメインウェポンである為、命中90が足を引っ張る。

守る:変化技 1ターン攻撃を防ぐ
様子見、霰ダメージ、宿り木ダメージ稼ぎ、ターンの調整等。
守る読みの身代わりや積み技に気を付ければ基本的にアドが取れるので強い。
霰と合わせると実質先制技にもなる。
相手の後出しに宿り木を入れて次のターンまもった場合、(1/8×2)+(1/16×2)で約37.5%のダメージが入る。
タイプ無視で確定3発程度のダメージを叩きだせる為、非常に強力である。

単体性能を上げる礫や、受けルを崩せる零度も魅力的ではあるが、サイクルを回すことが可能な構築かつ受けルを突破できるのであれば上記を無理に採用する必要はない。

後出し性能
・格闘、炎技を持たない
・一致技が地面しかない地面
・格闘、炎技を持たない電気
これらに対しては、後出ししてもほぼ被害なしで相手に負荷をかけることができる。

対象は少ないが、いわゆる『スタンパ』にはほぼ必須で入ってくる面子である為、腐りにくい。

水、地(電)を誘う並びにしてノオーが腐らないようにするとアドバンテージを取りやすい。

並びに対する性能
主にスイクンやオボンボルト絡みの並びに強い。また、メジャーな物理受けに対しても強い事が多い(クレセ、スイクン、ジャロ、カバ、ギャラ、ランド等)。
ボルトランド、ガブガッサスイクン、ボルトガブ、ボルトスイクン等。

メガフシギバナとの違い
・強い点
天候ダメージ
地半減
吹雪の火力と範囲
礫の可能性
零度の可能性
凍らない

・弱い点
天候ダメージ(味方)
弱点が多い
フェアリーへの遂行速度
粉の存在
光合成の存在
毒にならない

必要な(欲しい)数字
・C222メガゲンガーのヘド爆耐え
・A182ガブリアスの逆鱗+A200キノガッサのテクニマッパ耐え


上記二つの両立は可能ではあるが、B>Dとなる為ポリゴン2のDLでCを上げる事となってしまう。また、ゲンガーをノオーで倒した後の立ち回りが一切不可能となるのも気になるか。
まわりでゲンガーを削って裏のスイクンなども見たい立ち回りをするのであればD厚め、そうでなければB厚め(上の調整)にするとよいと考えられる。
上の二つを両立した数値は、
実数値H197 B156 D138 の努力値余り24(物理方面は最高乱数切)。
Dに振りきってD141にすると霊獣ボルトのC197球気合玉まで確定耐えする。

総括
有利な相手(水・地)には圧倒的に強く、また、ほぼ全ての後出ししてくるポケモンに対して実質確定3発を取れる程度の能力がある為、水・地を呼びつつノオーが弱点を突かれるポケモンに対してサイクルを回しやすい構築に置いては、メガユキノオーは強いポケモンとなる。

おーわーりー
  •  2015/05/01 ポケモン考察  Comment (0) Trackback (0)

  •  

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://kameccc.blog.fc2.com/tb.php/90-61533b97

    kame

    Author:kame
    ※このブログでは
    HP=H
    攻撃=A
    防御=B
    特攻=C
    特防=D
    素早さ=S 
    固体値31をV、30をUと表すことがあります。ご了承ください。

    あなたは

    人目の来訪者です

    この人とブロともになる

    QR