舞えないパンダはただのパンダ

† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† †

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •  --/--/-- スポンサー広告  Comment (-) Trackback (-)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

     
    タブンネ_convert_20120712074158

     最近毒電波ばっかり受信してます。どうも、かめ@です。
     何言ってんだお前、と言われそうな型ばっかり思いついて苦労してます。
     
     それはさておき。

     今回は『タブンネ』です。
     まずは型名から。

     この子は、

    「特殊受け耐久型」

     まぁ……普通?
     とりあえずパーソナルデータをば。

    ・固体値
    H-31 A-8~9 B-31 C-24~25 D-31 S-4~5

    ・努力値
    H252 D252

    ・出会った場所
    3番道路勢

    ・NNの由来
    ○○ネ、とつければいいと思ってやった。反省はしていない。ちなみに、『ソウデスネ』もいます。

     はい。こんな感じですね。
     努力値、個体値については特に言う事はありません。ただのぶっぱですし。
     ですが、守るを交えた食べ残し込みで、一般的な眼鏡ラティの流星群をほぼ耐えることが出来ます。対面なら願い事やどくどくで圧倒的に有利、後出しからでも一応受けることが出来ます。タブンネカタイネ。
     と言った所で基本戦術。

    ・あくびをうまいこと使って毒をばらまく
    ・特殊受け

     以上。

     ……相変わらずの投げやりっぷりである。
     相手の特殊アタッカーや耐久型に毒をばらまきつつ、願い事でサポート。場をかき乱していくのが基本的な動きですね。
     毒を入れられた上に受けきられるとなると、相手は交代せざるを得なくなるので、流し際に毒をどんどん盛っていきます。
     この子を使う上での注意点としては、『鋼タイプ・毒タイプ』と『挑発持ち』で完全に止まってしまうことですね。挑発持ちに対してはどうにもなりませんが、鋼・毒タイプにはあくびを入れて、後続に毒を入れたいところです。
     また、相手にこちらの毒を無効にできるポケモンがいた場合は、技構成をなるべく隠して、有利に事を運びたいですね。
     他には、守るをできるだけ単調に使わない、と言った所もこの子を使う上でポイントになってきます。相手に守るを読まれた場合、1ターンアドバンテージを取られてしまいますからね。まあこれは他の守る持ちにも言えることですが。

     こんな所でしょうか。この技構成は、結構他のポケモンにもできたりします。例えば、ブイズやトゲキッスなどですね。
     ですが、技構成自体が強力なことに加えて、再生力と弱点が格闘タイプのみと言った点から、この技構成の特殊受けとしては最も適任なのではないでしょうか。単純な努力値ぶりですが、守るの運用方法に慣れれば、かなり使いやすい子です。

     さて、今回はこんな感じですね。この子強いんですけどねー……実況者が使うのってどうなんだろう?
     うーむ……まあいいや。
     
     そんなわけで、タブンネの考察を終わります。
     次回、とりあえずの最終回は、「ペルシアン」です。
     それではこれにて。

  •  2012/07/12 ポケモン考察  Comment (0) Trackback (0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

     
    P1000013_convert_20120708032251.jpg

     そんなわけで。どうも、隠し穴めぐりに精が出る、かめ@です。
     毒電波に侵されて育成したポリ2が、思いのほかランダムではまって驚いています。……大会で使ってみようかしら?

     まあ、それはともかく。
     今回は『ベロベルト』です。
     まずはおなじみ型名から。

     この子は、

    「対竜天候汎用型」


     と、言うことにしておきましょう。
     パーソナルデータをば。

    ・固体値
    H-30 A-31 B-31 C-31 D-31 S-7

    ・努力値
    H248 B156 C100 D4

    ・出会った場所
    安心と信頼の3番道路。BW初期に育成した子は大体ここですね。

    ・NNの由来
    2年前の私には、頭のあれがたんこぶに見えたようです。

     こんな感じですねー。個体値、努力値の調整と共に、おそらく私が育てたポケモンの中では最も完成度の高い子だと思います。おそらく、ノーマル統一ではなく普通のPTに入れてもある程度の活躍をしてくれるのではないでしょうか?
     努力値の方は、意地っ張りガブ、陽気オノノの逆鱗を超高乱数耐え調整(2連続最大乱数以外耐え)、そして、H4振りのガブを帯込みで確一調整となっています。まあASぶっぱのガブなんて今時いるかもわかりませんが

     まあ、特性もあり、砂ガブも込みでガブリアスに強く出て行けるのがこの子の型ですね。

     さて。とりあえず基本戦術へ。

    ・ガブに後出ししてれいとうビームぶっぱ
    ・ナットレイに後出しして大文字ぶっぱ
    ・地震を見せて飛行タイプを釣る→れいとうビームおいしいです^q^
    ・高耐久で他の子が突破しにくい相手に大爆発を決める

     とりあえずはこんな感じですね。要約すると、『弱点を突きながら戦って、仕事が終わったら大爆発』と言った感じです。私のPTでは主に、その耐久を生かして、物理ドラゴンを相手に戦うことが多いですね。
     また、耐久の高さと、覚えている技のタイプ、そして『ノー天気』により、天候パ相手に安定して立ち回ることが出来ます。一番得意なのは砂パ。苦手なのは雨パですかね。雨には大爆発ぶっぱかナットレイに文字を撃つくらいしか役割がないんですよねー。
     高耐久と引き換えに火力を失っているので、弱点を突くことが出来ない高耐久のポケモン相手だと、簡単に止まってしまうのが唯一の弱点でしょうか。

     と、まあこんな感じですね。本当に、この子には2年前から今まで、長いことお世話になっています。PTの一番後ろにいてくれると、安心感が違いますね。困ったらこの子を選択する、と言ったことも多々あります。耐久が高いので、ある程度の仕事はしてくれる上に、大爆発で積みの起点にもならない、と言った所がまたいいですね。
     
     さて。今回はこんな感じです。
     いやぁ……この動画投稿したのって、5か月前なんですよねぇ……。まあ、現環境でも十分活躍してくれているので、良しとしましょう。

     そんなわけで、ベロベルトの考察を終わります。
     次回、第十二回は「タブンネ」です。
     たぶんね。
     
     さて。それでは。

  •  2012/07/08 ポケモン考察  Comment (0) Trackback (0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

     
    新しく粉千鳥型のパッチールを育成してランダムに潜った。
    →ハッサムのバレパンを3連続回避からの返り討ち、ラティの流星群回避からの返り討ち

     粉TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE


     と、そんなわけで、どうもかめ@です。
     別の型を紹介してみるとか、いろいろ考えてみたんですけど、もう面倒になったんで昔のやつをそのままコピペで持ってきちゃいました☆ミ

     と言う訳でここからほぼコピペです。

    パッチール

     今回は、この前廃リンクハイリンクで厳選した馬鹿力パッチールの紹介です。
     パッチールかわいいよパッチール。
     前置きはさておき、この子は
    「天の馬鹿力型」
     まぁ、うん。型名はいつもの通り、適当です。

     固体値や努力値などは、前回のと全く同じですね。あ、この前は忘れていたのですが、この子はいじっぱりです。
     とりあえず、NNの由来でも。

    ・NNの由来
     目がくるくるしている所から「クル」、他はゴロがいいから。ぶっちゃけノリでつけたNNだけど、名前から色々と設定を生やしてしまったのは内緒。

     はい。こんな感じですね。「トリックルーム入れるなら勇敢にしろよ」などと言われそうですが、そんなの知らん! 気にするな!
     あと、今回は書いていないのですが、努力値はほぼHAぶっぱですね。一応実数値が159になるようにはしていますが、この子の耐久ではあまり意味がありませんねー。まぁ、馬鹿力もあるし、耐久ぶりでもいいんじゃないかな。
     それはさておき、基本戦術。

    ・対面している相手のポケモンを見て、トリックルーム、馬鹿力、催眠術のどれかを選ぶ
    ・その後は、馬鹿力で火力と耐久を上げながら臨機応変に殴ったり催眠術したり

     はい。こんな感じですね。戦術に「臨機応変」なんてものが入っている時点で、戦術と言っていいものか……。まぁ、パターンでゴリ押しなんて、この子にできるわけがないので、しかたありませんね。
     一応、初手の技を選ぶ基準のようなものを挙げて行きます。

    「トリックルーム」
    ・相手の素早さが高い場合
    ・でんじはや、素早さを上げる補助技読み

    「催眠術」
    ・相手の素早さが低く、馬鹿力が通らない時
    ・相手が先制技を持っている場合(ふいうちならトリックルームでおk)
    ・眠らせて馬鹿力をつむ以外勝ち目がない時

    「馬鹿力」
    ・相手の素早さが低い場合
    ・相手を「馬鹿力→ふいうち」で落とせそうな場合
    ・馬鹿力でゴリ押しできそうな場合

     はい。必ずこの通り動くと言うわけではありませんが、概ねこんな感じですね。引くことが有利になりそうならば、交代も視野に入れて動きます。
     例えば、ルカリオのインファイトに馬鹿力を合わせることに成功した時、次のターンで大体のルカリオは神速を撃ってきます。ここでゴツメ持ちに交代、残り体力がミリのルカリオを狩る、等ですね。パッチールの体力も同じくミリになりますが、一応不意打ちを持っているので、少しくらいなら仕事はできるのではないでしょうか。

     他にも技の選択には色々基準があって、どうしてもトリックルームを貼りたいときは、相手が先制技を持っていても強行しますし、相手の素早さが高い時でも初手催眠術を撃つこともあります。
     ここで、初手催眠術のメリットとデメリットを。

    メリット
    ・相手の素早さが低い場合、一方的に殴れる可能性がある
    ・相手の方が速い場合、催眠術を当てた後にトリックルームをすることで、トリックルームのターンが「トリックルーム→催眠術」よりも1ターン伸びる。ちなみにこの時、相手の眠りターンにロスは発生しない
    ・先制技持ちの高速アタッカーを倒すことができる……かもしれない

    デメリット
    ・当らなかった場合、ほぼ無駄死に
    ・ラムなどを持っていた場合も、お目目涙目パッチールになる
    ・み が わ り

     こんな感じですね。催眠は強いのですが、やはり外した時が痛いですね。ですが、トリックルームのターンが1ターン分伸びるので、狙う価値はないこともないですね。
     
     はい。こんな感じです。私はこの型があまのじゃくパッチールの基本型になると信じている! はい、どうでもいいですねー。
     
     実戦で使ってみたところ、わたしのPTでは、上手いこと動いてくれました。うちのPTは基本遅めの子が多いので、その辺とシナジーもしましたし、馬鹿力が通る相手にはかなり働いてくれました。……ゴーストタイプは他の子に丸投げでしたが。あと、ウインディと対面しても、物理で殴りあえるのは新鮮でした。インファイト後のウインディに馬鹿力をたたき込むパッチール……可愛いです。こんなに可愛い子が、ウインディの耐久を8割くらい持って行くんだから、驚きですよね。

     コピペ終わり。

     まぁ、そんなわけで。
     今回はパッチールの考察でした。パッチールは色々育成してみてはいるんですが、今の所単体で一番使いやすいのはこの子ですねー。汎用性がかなり高いです。
     
     ああ、そうそう。
     とある実況者大会の方に参加表明を出してきました。
     恐らく、次の動画はそれ関連の物になると思います。
     初めての大会……今からもう楽しみですねー。大会に向けて、色々育成してみたいと思います。

     と言った所で。
     第十一回は「ベロベルト」です。
     さて、それでは今回はこれにて。

  •  2012/07/06 ポケモン考察  Comment (0) Trackback (0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

     
    ミミロップ_convert_20120701084825

    格闘家「こー ほー」
    かめ@「お前はウォーズ○ンか?」

     そんなわけで。今回は『ミミロップ』です。
     恒例の型名()から。

     この子の型は

    「ミラコサポート型」

     ……いろいろ考えたんですけど、なんかめんどくさくなったんでこれでいいです。もう型名つけるのやめましょうかねぇ?
     まあ、それはともかくパーソナルデータをば。

    ・固体値
    H-31 A-27 B-30 C-17 D-23 S-31

    ・努力値
    H252 D196 A60

    ・出会った場所
    3番道路

    ・NNの由来
    ♂+メロメロボディ+ミミロップ=イケメソ

     はい。こんな感じですね。性格補正がかかっている特防の個体値がVではないのはご愛嬌です。いいんです。ラティの流星耐えるんで。まあ、初期(2011/6/19)に育成した子なので、それのせいってのもありますね。

     まあ、基本戦術の方でも。

    ・ミラーコートで特殊型をいたぶる
    ・すり替えで場を乱す
    ・仕事が終わったら癒しの願いで後続サポート

     こんな感じでしょうか。なんかまともに見える不具合がありますね。
     それはともかく。
     この子は、臆病メガネラティの流星耐え調整をしているので、一応特殊型にはある程度出ていくことが出来ます。また、持ち物にもよりますが、動画のように悪タイプにミラコを決める、などといった楽しいこともできたりします。Aにはほとんど振っていないので、メイン火力がミラコになってしまいますが、そこはサポート型なので、諦めるしかないですね。
     
     さて。ここまできて、少し疑問に思った事がある方もいるのではないでしょうか。そうです。この子の特性ですね。なぜすり替えを使うのに『ぶきよう』ではなく『メロメロボディ』なのか。
     これにはちゃんとした理由があります。
     その理由とは、『本来この子は狙いの的ではなく、スカーフを持たせていたから』です。
     なおさらぶきようでいいじゃないか? いえいえ。ぶきようではいけないんです。『こだわりスカーフ』の効果が消えてしまいますからね。
     まあ、当時の私が何をしたかったのかと言いますと、『癒しの願いを高速で撃ちたかった』んですよ。
     速さとラティの流星を耐える耐久の両立、がやりたかったんですねー。
     ……まあ今回はねらいのまと持ちですが。

     えっ? じゅうなん?
     アーアーナニモキコエナーイ

     まあ、こだわりミラコとか何やってんだコイツ、って感じですけどね。
     でも意外に読まれないんですよねー。この子のミラーコート。

     さて、今回はこんな感じです。
     
     そんなわけで、ミミロップの考察を終わります。
     次回、第十回は「パッチール」です。
     ……あれっ? この子この前考察してたような……?
     まあいっか。適当にやろう。
     それではー。
  •  2012/07/01 ポケモン考察  Comment (0) Trackback (0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

     
    P1010023_convert_20120422111210.jpg

     かめ@「パ○ラッシュ……なんだかとっても眠いんだ……」
     パト○ッシュ「そらお前、昨日からずっとこんな時間まで無駄に起きてたら眠くなるに決まってんだろ」
     かめ@「……バタッ」

     と、そんなわけで。今回は「ポリゴン2」です。
     この子は、

    「メガネフルアタ型」
     
     はい、いつも通りのそのまんまなネーミングですね。
     とりあえずパーソナルデータをば。

    ・固体値
    H-21 A-11 B-30 C-24 D-27 S-30

    ・努力値
    H252 C248 B8

    ・出会った場所
    ハイリンクの森

    ・NNの由来
    中国の卵料理より。なんとなく響きで付けた。

     はい。こんな感じですね。動画の方に、「最遅かな?」と言った感じのコメントがありましたが、素早さの個体値は、なんとまさかのUです!最遅なんぞ粘ってられるか!
     まあそんなわけで、またもや妥協個体となっております。うちの動画の子はみんなそんな感じですねー。
     
     さて、それでは基本戦術の方へ行きましょうか。

    ・殴る

     いじょ(ry

     いえ、はい。すみません。こんなのばっかりですみません。はい。真面目に考察します。
     
     ……とりあえず、この子ではなく、ポリゴン2全体の考察から行ってみましょう。この子を語る上で、これは外せません。 
     
    ・進化の奇石による高耐久
    ・再生技持ち
    ・トレースによる変則受け
    ・耐久型がメジャー

     考察と言うよりかは特徴ですね。
     まあ、このような特徴がポリゴン2にはあるわけです。
     
     さて、基本戦術の方に話を戻しましょう。
      
     この子の基本戦術はただ殴るだけです。
     そう。ただ殴るだけで効果があるんです。
     
     動画の方でも言いましたが
     『相手が勝手に思い込んで、自滅してくれるのを狙う』
     これがこの子の戦術です。
     
     ポリゴン2は耐久型がメジャーなポケモン。
     つまり、相手がポリゴン2を見たら、選出の時点で確実に耐久型を警戒する。
     それを逆手に取り、相手が耐久だと思っているうちに高火力で殴る。

     型がばれてしまえばなんてことはありませんが、ばれるまでの間は、大きなアドバンテージを取ることが出来る。それがこの型の一番のメリットですね。
     受けにきたズルズキンを潰せた、相手が無駄に毒を撃ってくれた、なんてことがよくあります。
     
     まあ、受けだしはできないんですけどね!

     さて、今回はこんな感じですかね。
     うん。徹夜なんてするもんじゃない。
     何書いてるのかわからなくなってきたうえに、すごくねむい!

     そんなわけで、ポリゴン2の考察を終わります。 
     次回、第九回は「ミミロップ」です
     それではー。
  •  2012/04/22 ポケモン考察  Comment (0) Trackback (0)
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

     

    kame

    Author:kame
    ※このブログでは
    HP=H
    攻撃=A
    防御=B
    特攻=C
    特防=D
    素早さ=S 
    固体値31をV、30をUと表すことがあります。ご了承ください。

    あなたは

    人目の来訪者です

    この人とブロともになる

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。